お葬式」カテゴリーアーカイブ

葬式は誰のためのものか

死んだら葬式をして荼毘に伏す、というのはたいていの日本人が思い描く人生の終焉ですが、そもそも葬式というのは誰のために行うものなのか疑問に思う人もいるでしょう。特に昨今は宗教観や価値観の変化によって従来の弔いの在り方に疑問を持つ人も少なくないため、死んだ後はすぐ荼毘に伏してしまって構わない、墓もいらない、と考える人は珍しくありません。そのような考え方が増えている中で従来と同じように故人を見送りたいと考えるのは、故人に十分な供養をしてあげたいという望みが強いからでしょう。
湯灌をして身なりを整えてから棺に安置し、家族や友人らに囲まれながら最後の旅に旅立たせるのは故人が安らかにあの世へ行けるようにと遺族が願いがあるからです。この場合、葬式は故人のためのものといえるでしょう。そして故人のためにできるだけのことをしてあげられたという満足感を得ることができれば遺族の悲しみも和らぐため、葬式は遺族のために行うものともいえるでしょう。