葬儀の流れがわからない

身内や連れ合いが亡くなったら、悲しみに打ちひしがれて葬儀の手配どころではありません。
しかし、実際問題で看取った病院等から葬儀の手配をしなければならないこともあります。
具体的にはお亡くなりになった身内の方のご遺体を自宅に帰す際に、葬儀を行う会社にその旨を説明し車を手配してもらうなどです。自宅まで運んで貰ったら、ご遺体を奇麗にして地域にもよりますが、衣装を着させて北枕に安置します。この様に、初めての経験では分からない事だらけですから、葬儀社の方の手助けは必須となります。
逆に葬儀社の方に流れは任せた方が、滞りなく進めていく事が出来ます。
この様な段取りをしていると、喪に服している場合ではなくなってしまうので、基本的な流れや段取りは任せて、金額面のみしっかりと気にしていれば、大体問題になることはありません。
こういった業態を生業としているので、言わばその道のプロフェッショナルです。親身になって相談に乗ってくれますので、しっかり利用する様にしましょう。