葬儀は人生の最後を飾る花道

葬儀は、自分の人生を飾る最後のセレモニーです。生きた証を刻むとともに、遺族にはそれなりの心身・経済面での負担をかける儀式でもありますから、できるだけ生前に段取りを決めておきたいという方が増えているようですね。
一般に、葬儀にかかる費用は200万円前後であると言われています。それだけの出費をともなう儀式ですから、心配になるのも当然のことでしょう。近頃では、生前に自分の葬儀の段取りをすべて手配することができる「生前信託」や「生前契約」と呼ばれるプランを取り扱う葬儀専門会社も増えてきました。プランによっては、相続のトラブルを防ぐための遺言の相談や遺品整理の相談、血縁者がいない方向けの項目が盛り込まれたものもありますので、先行きに不安を抱いている方は相談してみると良いでしょう。
葬儀には、故人が生きてきた証が体現されると言います。また、残されたご遺族が故人に贈ることができる最後の餞と言うこともできるでしょう。人生のラストを飾る儀式を自分の手でプロデュースすることが常識になる時代も、そう遠くはないのかも知れません。