本当に故人を偲ぶなら葬式の形を考えるべきです。

葬式は、自分で手配した事が無い人が圧倒的に多いので、どの様な手順で行われているか分からないと思います。一般的には、医療機関が紹介する葬儀業者に故人の遺体の引き取り依頼し、自宅や葬祭会場の安置施設に故人の遺体を安置します。日本の法律では、死後24時間以上経過しないと荼毘にふす事が出来ないので、この間に納棺や通夜と合わせて親戚や故人の仕事関係や親交の深かった人達に葬祭会場や葬儀日時を連絡します。その後、日柄に問題がなければ次日に僧侶の読経や焼香などの式を行い、出棺及び火葬、収骨となります。しかし通夜の際には故人との思い出に浸りながら食す大皿料理の通夜ぶるまいが必要となり、親戚や関係者を労う為の個別に盛り付けられた精進落とし料理の手配が必要となります。葬式は、故人を偲び故人の冥福を祈る為に行うべき儀式と葬儀業界と仏教界に誘導されていますが、1番故人を偲び冥福を祈るべき遺族が最も忙しい矛盾が存在します。私は、自宅から家族葬で祖母を送り出しましたが、弔問客も気のしれた人ばかりなので通夜振る舞いもデリバリーで済んだので非常にゆったりとした葬式で済み、本当に故人を偲ぶなら葬式の形を考えるべきです。