社葬は故人を偲び会社の発展を誓う場

新聞で社葬の案内記事を目にしたことがある人は多いでしょう。通常の葬儀では故人の家族が喪主を務め、葬儀の運営は葬儀会社に委託されます。一方社葬の場合は会社が運営の主体となって葬儀が行われます。
社葬に関する責任者として、公的に会社を代表する役職の社員が葬儀委員長に選ばれます。葬儀形式は、故人が信仰していた宗旨で行われます。案内状送付や会場の手配から、葬儀での参列者案内や接待、後片付けまで、葬儀に関わるすべての手続きを社員が行います。
社葬の主な目的は、会社創設者や会社の発展拡大に功績を残した社員を会社全体で偲ぶことです。しかし大規模かつ煩雑な準備・進行・片付けを会社がすべて行うことで、外部へ会社の規模をアピールする目的もあります。
会社を代表する社員の死は、その会社内だけでなく市場経済にまで影響を及ぼします。だからこそ会社主体の葬儀を行って、生前の功績をたたえるとともに、さらなる発展を内外へ示す必要があるのです。